秋元康

    1: 君の名は(pc?) 転載ダメ©2ch.net(1級) 2017/08/06(日) 16:59:07.96
    秋元康プロデュース究極アイドル候補7人お披露目 AKBドラフト候補生も

    秋元康さんがプロデュースする“究極”のアイドルグループの候補メンバー7人(左から)相澤瑠香さん、長月翠さん、小澤愛実さん、間島和奏
    さん、吉崎綾さん、安田愛里さん、山田まひろさん

     テレビ朝日系で12日にスタートするオーディション番組「ラストアイドル」の会見が同局で6日に行われ、秋元康さんがプロデュースする“究
    極”のアイドルグループの候補メンバー7人がお披露目された。

     候補メンバーは、AKB48グループのドラフト候補生だった間島和奏(まじま・わかな)さん(17)、「243と吉崎綾」で活躍する吉崎綾(よしざ
    き・あや)さん(21)、「オープニングシスターズ」で活躍中の長月翠(ながつき・みどり)さん(17)のほか、ローカルアイドル「sendai syr
    up」の元メンバー、相澤瑠香(あいざわ・るか)さん(18)、「サンミュージック」所属の安田愛里(やすだ・あいり)さん(18)、今回の最年
    少となる小澤愛実(おざわ・あいみ)さん(14)、そして山田まひろさん(18)。

     お披露目された7人のアイドル候補は、4932人の応募者の中から厳正な審査を経て選ばれた「初回メンバー」で、この後に行われる初回収録で
    「挑戦者」との入れ替えバトルの勝敗により、脱落してしまう可能性もあるという。また、タレントの伊集院光さんが番組メインMCを務めること
    も発表された。

     「ラストアイドル」は、秋元さんが新たに手掛けるアイドルグループのメンバーを選出することを目的としたオーディション番組。応募条件は
    14~26歳までの女性で、プロアマ問わず、他のアイドルユニットとも兼任可能という異例のもの。知名度を上げたい地方アイドルやメジャーシー
    ンに躍り出たい地下アイドル、有名グループの中でなかなかチャンスをつかみきれていないメンバーなど、アイドルとして成功を夢見る女性たち
    の挑戦を広く受け付けていた。

     番組では、毎週「挑戦者」という名の刺客が登場し、“七つの椅子”を懸けたメンバー入れ替えバトルが展開。メンバー入れ替えバトルは、挑
    戦者から指名を受けたメンバーが1対1のパフォーマンスバトルに挑み、挑戦者が勝利すれば即、新メンバーとして、その日からトレーニングに参
    加できるというサバイバル形式でデビューまで続く。番組では最終的にどのメンバーが“七つの椅子”を勝ち取り、華々しいデビューを飾ること
    ができるのかを詳細に追う。

     番組は12日から毎週土曜深夜0時5分に放送(一部地域を除く)。初回のみ深夜0時35分から。
     https://mainichi.jp/articles/20170806/dyo/00m/200/003000c

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【画像】秋元康プロデュース 「ラストアイドル」 顔面レベル高すぎワロタwwwwwww】の続きを読む

    1: 君の名は(地震なし) 転載ダメ©2ch.net(7級) 2017/07/05(水) 22:35:48.59 0
    AKB48の戦略! 秋元康の仕事術
    作者: 秋元康,田原総一朗
    (アスコム)

    田原:ここで、メンバーたちの話を聞きたい。センターを務めて今回卒業した前田敦子さんは、なんでセンターだったんですか。もっと歌や踊りのうまいかわいい子がいるのに、なぜ秋元さんは彼女に目をつけたんですか?
    彼女は、しゃべりもあまり得意ではなかった。センターには向かないでしょう?

    秋元:しゃべりは全然ダメです。ただ、それでも彼女をセンターにしたのは、前田敦子っていう子には、やっぱり天才的なオーラがあるんです。

    田原:なんですか? オーラって。

    秋元:オーラ。これは僕のなかでも、なかなか説明がつかないんですけど。まあ、イメージでいうと、アミノ酸みたいなものです。

    【秋元康「センターに立つ者は天性のオーラがある」】の続きを読む

    1: 47の素敵な(pc?)@無断転載は禁止 (ワッチョイ bd95-ODeX) 2017/07/04(火) 07:55:19.13 ID:Cq5jQOMx0
    http://news.livedoor.com/article/detail/13283051/

    そんな欅坂46だが、冷ややかな目線を向ける業界関係者も少なくない。

    「昨今のアイドルシーンは、楽曲やパフォーマンスのクオリティーが高くないと認められないという流れがあるんですが、
    秋元氏プロデュースのアイドルについては、古くからクオリティーについてはまったく評価されていません。
    秋元氏としても、そこに対するコンプレックスがとにかく強い。
    だから、欅坂46では楽曲やライブパフォーマンスで認められたいという気持ちがあり、ロック方面にアピールしているということのようです。
    ただ、実際にパフォーマンスがすごいかというとまったくそんなこともなく、楽曲もワンパターン。
    正直、音楽関係者は苦笑いですね」(同)

    【【悲報】秋元康さん、音楽関係者から冷笑される...。゚(゚´Д`゚)゚。】の続きを読む

    このページのトップヘ